春篠専門店。
誰も作ってくれないのでD0辞書はじめました。便利なのになぁ・・・。基本は雑感を書き連ねるブログです。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


徳島D-0祭りレポ ~ヴェネチア式種族の絆~

 
今更ながら種族戰レポート
使用種族は「デビルクロック」!
レシピ・内容は続きからどうぞ
 
 
 

■黒単デビルクロック

ユニット×28
3《白骨時計ボーンスマイル/III-1》
3《肉食時計ビッグマウス/II-4》
3《悲運時計ミスフォーチュン/V-1》
2《不思議時計ワンダーラビット/I-2》
3《悪運時計ハードラック/II-20》
3《無限時計クライン/I-2》
2《錯乱時計パニックヴォイス/V-1》
3《矛盾時計パラドクス/V-2》
3《拒絶時計アンタッチャブル/III-4》
3《終末時計ジ・エンド/I-4》

ベース×6
1《聖遺物保管庫/I-4》
3《錬金術の館/II-1》
2《主無き古城/V-2》

ストラテジー×6
1《シャドー・ソウル/I-4》
2《ナイトメア・ソルジャー/IV-1》
3《滅びの波動/IV-2》☆2


>>一応解説

ハンデスから《終末時計ジ・エンド》を主力に戦う悪魔時計。
真・ヴェネチア式では禁呪ユニットが使えないので、
《監獄時計アルカトラズ/IV-3》と《貪欲時計ディアブロガスト/V-1》を断念。

ハンデスは《無限時計クライン/I-2》とベースで補うにしても、
手札補充が辛いので《ナイトメア・ソルジャー/IV-1》を投入してみる。

パワーラインが絶望的で、平均すると3000未満!!
なので序盤は《終末時計ジ・エンド/I-4》のために手札を落とすことに専念。
中盤以降は《滅びの波動/IV-2》で一掃。

ただしウィニーはそもそも手札を温存しづらいので、
《拒絶時計アンタッチャブル/III-4》を早々にプレイしボード攻め。
自分の命は超大事。

実は《錬金術の館/II-1》使うのは今回が初めて。
このデッキだと《呪われた館/I-1》と違ってとりあえず貼って置けるのが強い。
墓地を肥やして手札に返還しなくてはいけないので、
プランが止まらないのは立派なことでした。

ハンデスという行為自体が大好き、デビルクロック万歳!
という方は使ってみると面白いですよ。


■第一回戦 vsゴルゴン

初戦で身内ゲー勃発w
序盤からハンデスを決めて早々に相手の手札を空にする

が、しかし・・・

ヴェネチア式の都合上、デビルクロックだけでは合成が出来ず
《貪欲時計ディアブロガスト》も禁呪を持つため投入禁止
つまり、このデッキはフィニッシャー(スマ2)不在!

しょうがないので2コスを並べて
《終末時計ジ・エンド》で強化してちまちま殴る作戦

《ジャスティスアイ・ナイト》等の固いユニットは
二体目が並んだ所で《滅びの波動》で一掃

このままみみっちくスマッシュを入れて勝利は目前・・・と思った矢先
撃ち漏らした《イビルアイ・ブレイカー》に結合する《具現化する影》!


この時、思い出しました
ゴルゴンは、その力故に抑圧された種族だったのだと


ふんだんに溜まったエネとスマを使い駆ける《イビルアイ・ブレイカー》!
かすり傷ひとつ負わせられぬままに打ち倒される《悪運時計ハードラック》!
お前の命もここまでだ《終末時計ジ・エンド》!!

全てのユニットを虐殺されるもエネが尽き、
手札からプレイした《無限時計クライン》で詰めて勝利

もっと早く結合されなくて良かった…


■第二回戦 vsハーピー

序盤はお互いにベースが揃わず

かといってプランからハンデスできる時計も見えず、
ハーピー側も《メテオ・ストライカー》が3体並んだのみ

中盤で《無限時計クライン》で手札2枚を山札に返すも、
まんまと《バードマン・ソウル》を戻されて捲られる
そして赤青なので普通に手札が肥ゆる

ある意味で一進一退の攻防を繰り広げる

終盤はお互いにベースも揃い始め、ハーピーの手札を落とすことに成功。
相手様は序盤で役に立たなかった火力搭載ハーピーが終盤で弾切れし、
ベースばかりが見え始める・・・

そのまま時計を並べて強化し、勝利


■第三回戦 vsコロボックル

嫌な予感しかしないコロボデッキ

かなり序盤で《無限時計クライン》ハンデスが決まるも、
とりあえず出てくる《細い葉の柳シュシュ》

手札の《拒絶時計アンタッチャブル》+2コス時計で早々に倒すか悩むが、
自分の動きを優先させようと思っ・・・たのが最初の間違い

(1)《命の歌声シュシュ》を使い軽量コロボ投下

(2)《ロスト・ワールド》で《命の歌声シュシュ》リリース

(3)エネになったコロボでプランして(1)に戻る

の手順をx回繰り返して鬼のようにエネ差が開く。
「増えすぎワロタ、これはもうエネ差とかどうでもいい」
とか思ってしまい、《細い葉の柳シュシュ》を放置し続けたのが二度目の間違い

同じ手順でデッキのかなりの部分をエネにしてしまう相手様
ずらずらと並び始めるコロボックル

こちらも《細い葉の柳シュシュ》を放置した代わりに迎撃準備はあるも、
満を持して《真紅の衝撃》から登場する《勝利の女神ホリプパ》!!

これで勝ち☆(たいのですが、何かありますか?)

実は《真紅の衝撃》にスタックして中央にいるコロボを倒すのが正解だったのですが、
それをまんまと放棄
勝敗に関わる最後の間違い

敵軍・中央の全エリアにコロボックルが並んだ状態で時計投下。
本来なら相手様の手札の《スカーレット・シャワー》で返り討ちにあう筈だったのですが…
相手様が間違えて[緑2]を残してしまい迎撃に成功

エネブーストで残りデッキが僅かだったこともあり、
コロボックルが勝ち手段を失い勝利

神プパちょうこわい


■決勝戦  vsエンジェル

試合前に相手様曰く
「可愛いは正義」

なるほど、正論です。
で、蓋を開けてみればエンジェルデッキ
試合開始時に《滅びの波動》と《拒絶時計アンタッチャブル》が紙束と化す

エンジェルにも通用する(唯一の)除去である《悪運時計ハードラック》2枚を
握りしめて対象を取るカードをことごとくエネに置く

4ターン目《散り逝くバラ》ラインに《コメットマスター・エンジェル》。
《悪運時計ハードラック》で全力で踏みに行く。
復活した《コメットマスター・エンジェル》は悪運2号で次のターンに処理

ここからはじっくりハンデス作戦。
《無限時計クライン》が本当に強かった。

・・・実はナチュラルにハンデス対策されているとはつゆほども思わず、
プランから《アブソリュートロウ・エンジェル》プレイされて超絶ビビったんですが。
ヴェネチア式で《監獄時計アルカトラズ》を使えなかったことに密かに感謝w

その後《聖遺物保管庫》を《アセンション・エンジェル》で処理され、
ハンデスの持続に手間取る。
ちまちま殴っていた時計のお供、《終末時計ジ・エンド》も《聖なる遺志》に沈む

スキを突くかのような相手様の「常に一枚は手札を残しておく」プレイング。
お陰で《アブソリュートロウ・エンジェル》の脅威にビビらされ続ける

などとドキドキしている間に天使ちゃん2体目が並び、
《プログラム・ラグナロク》から《ワーシップ・エンジェル》様降臨。
もちろん指定:黒

ここで何とかしなければゲーム終了の可能性すらありましたが、
なんとかプランから《滅びの波動》。
他の天使が耐性:黒を与えられていたり、そもそも対象にならないので
《ワーシップ・エンジェル》だけを処理

天使が中央を埋めスマッシュにかかるも、
《終末時計ジ・エンド》を再度プレイ。

返しのターンで《終末時計ジ・エンド》がプランから見えたので、
投下で道を開けるエネが浮いてそのまま詰めて勝利


■結果:優勝

なるべく記憶を忠実に再現したはずですが、
もともと大会レポとか無理があるくらい物忘れがヒドイので
間違いなどがあったらご指摘下さい。

それでは!
 

テーマ:TCG - ジャンル:ゲーム


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する




カテゴリー


ブログ内検索


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


プロフィール

春篠

Author:春篠
時計とかルールが好きな地方プレイヤー。

■Twitterお気軽にどうぞ。
一番チェックしてるのでオヌヌメ。
【@hallcino】

■メールはこちら
simotuki22gen【あっと】gmail.com




リンク

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。